歯列矯正やインプラント治療は医療費控除の申請を!

医療費

インプラント治療や歯列矯正は保険適用外のため、基本的には自由診療となるため多額の費用が必要になります。
しかし、所得税の医療費控除の対象となるので確定申告をすることで所得税や住民税減額を受けることができるようになります。
インプラント治療や歯列矯正で支払った大きな出費の一部が戻ってくることになるので治療費の負担軽減になるでしょう。
数十万円の出費となる自由診療の治療ですが、年末調整で医療費控除によって大きな額が還付されるのであれば、費用面で治療をためらっている人でもインプラント等の治療も受けやすくなります。
歯科のホームページ上でも医療費控除について、丁寧に解説してくれているものもあります。埼玉でインプラント治療を検討されている方は、確認しておくとより理解が深まります。

インプラント治療などの自由診療の施術を受けた時に受けることができる医療費控除の金額は、現行の制度では所得額の5%もしくは10万円の少ない方となります。
最大で10万円もの還付を受けることができる制度なので必ず手続きを行ったほうが良いでしょう。
サラリーマンなど会社勤めをしている人は、普段は自分で確定申告をせずに会社が年末調整をしてくれますが、会社勤めをしている人も確定申告をしなくては還付を受けることができないので注意が必要となります。

還付を受けることができる医療費控除は本人だけではなく生計を一にするものも還付を受けることができます。
扶養家族がインプラント治療を受けたり、歯列矯正を行った場合でも還付してもらうことができるでしょう。
子供の成長を阻害しないために行う不正咬合の治療なども医療費控除の対象とすることができます。

医療費控除を受けるためには医療目的で治療を受けることが必要であり、美容目的では控除を受けることができません。
ホワイトニングなどの基本的に美容目的となる治療の場合には医療費控除を受けることができませんが、歯列矯正によって歯並びをきれいにしたいという場合でも医師がそしゃく障害の改善のための治療ということで医師が判断をしてくれれば医療費控除を受けることができるでしょう。

医療費控除の申告をする場合、インプラント等の治療を受けた歯医者から発行された領収書を添付することになるので、必ず領収書を取っておくことが必要です。
また、治療先の医療機関へ行くための交通費なども控除の対象とすることができるので合計額を算出することも必要です。
確定申告の方法については、自営業者を除くとあまり慣れているという人は少ないでしょう。
税務署などに行くとやり方を教えてもらうことができるので聞きながら進めるとよいでしょう。

関連記事
ページ上部へ戻る