口内ケアにおすすめの道具をご紹介

歯ブラシ

歯ブラシは最も一般的な口内ケア用品です。
最初は歯磨き粉をつけず、歯を一本一本丁寧に磨きます。
仕上げに歯磨き粉をつけて磨くと歯の白さが保たれます。

デンタルフロスは、歯ブラシでは取り切れない歯の隙間の歯垢を取り除くのに使います。
使い捨ての糸状で歯の隙間に上から当てて歯茎まで押し込み歯に挟まった汚れもとることが出来ます。
虫歯があるとデンタルフロスが切れることがあるので、見えにくい場所の虫歯チェックにも有効です。
歯間ブラシも歯の隙間のケアに使いますが、こちらは歯茎と歯茎の隙間に差し込んで使います。
歯茎にトラブルがある人はマッサージ効果もあるのでおすすめです。

マウスウォッシュは一時的な口臭予防に効果があります。
外食後の歯を磨けない時などに口内ケアをしたい場合におすすめです。
携帯に便利な小型のマウスウォッシュをいつも持ち歩いていると便利です。

ウォーターピックは口腔洗浄器のことです。
小さなシャワーで歯と歯茎をマッサージしながら洗浄します。
歯茎のマッサージには特に効果があり、歯肉炎や口臭対策に有効です。
歯ブラシに比べて腕が疲れないので、時間をかけて隅々まできれいにしたい方にはおすすめです。

口内ケア専用のスポンジを使った歯磨きもあります。
これは歯ブラシが嫌いな方や、ご自分で歯を磨けない方をケアするのに便利です。
棒の先に歯ブラシのヘッドサイズほどの円錐状のスポンジがついている物が一般的ですが、このスポンジで歯を磨きます。
感触が良くないので、お世話に使う場合は感覚がにぶい頬の内側からそっと使い始め、慣れて来てから全体を磨くと良いです。
口内ケア専用ウェットシートも、一般的にはご自分で歯を磨けない方のための口内ケア用品ですが、水が要らないので災害時のために備えておくのも良いです。
使い方はシートを指に巻きつけ、歯と口の中を丁寧にふいて行きます。

舌ブラシは舌苔(ぜったい)を落とすのに使います。
舌苔は、食べ物のかすなどが口内の細菌に分解されて舌に付着したもので、口臭の原因とされています。
定期的に落とすことで口臭予防になりますが舌ブラシを使い過ぎて舌に傷をつけてしまうと本来持っている舌の自浄作用が落ち、かえって口臭をひどくする場合があります。
また、歯ブラシのついでに歯ブラシで舌をこすってはいけません。
専用の舌ブラシを使わないと舌を傷つけます。
様々な口内ケア用品がありますが、ご自分に合ったものをいくつかを合わせて使うとより効果的です。

関連記事
ページ上部へ戻る