入れ歯の正しい洗浄方法を知ることは大切

洗浄した入れ歯

入れ歯の正しい洗浄方法を知らない人は多いのではないでしょうか。
歯磨き粉や歯ブラシを使って入れ歯を強くブラッシングすれば十分綺麗になると思っている人は大間違いです。
美味しく食べ物を食べるための装具が、健康に被害をもたらすような装具になってしまうため注意が必要です。

入れ歯の洗浄剤として代表的なポリデントなどを使った洗浄方法では、本当に綺麗になっているか不安だと思うかもしれませんが、ポリデントは殺菌作用や洗浄力に優れているだけでなく、消臭効果も期待できます。
なので使用方法に従って使えば十分入れ歯を綺麗にすることができます。
何よりも入れ歯に対しても優しいので傷をつけないことに大きなメリットがあります。
ですが、歯ブラシや研磨剤を含む歯磨き粉を使って自分の歯と同じように強く磨かなければ汚れが落ちないと思って実践している場合は、その研磨剤を含む歯磨き粉や歯ブラシは入れ歯を傷つけてしまうというリスクが大きくなってしまいます。

入れ歯はできるだけ違和感なく口に入れて自分の歯と同じように使用できるよう作られているため、歯茎や歯に良く似た馴染みやすい素材で作られています。
ということは研磨剤を含む歯磨き粉や歯ブラシで強くこすると傷になってしまい、そこから細菌が繁殖してしまい、不衛生な状態になってしまうのです。
人間の歯茎は傷になっても自分で修復しますが、入れ歯の歯茎は自分で修復できません。
いったんできてしまった傷に細菌がどんどん繁殖してしまうとそれを毎回確実に取り除くことも難しいですし、不衛生な状態の入れ歯を口に入れることで病気にかかりやすくなってしまいます。
なので入れ歯の洗浄方法は正しく行う必要があるのです。

正しい洗浄方法として、まず入れ歯を流水で流しながら優しく歯ブラシで歯の部分をブラッシングしながら汚れを落とします。
ポイントとして歯茎を磨いたり強くこすらないようにしましょう。
次に水かぬるま湯にポリデントなどの洗浄剤を入れて、そこにつけて一晩つけておきましょう。
そして最後に流水にあてながら優しく歯ブラシを使って歯の部分をブラッシングして終了です。
簡単にケアできるので難しいことはありません。
また、最近では入れ歯洗浄機も販売されています。
超音波で綺麗にするといった構造ですが、これも素材を傷つけることなく使用することができますし、手軽に綺麗にすることができます。
なので日々のケアにプラスしてたまに取り入れてみるという方法で利用してみるのもおすすめです。

関連記事
ページ上部へ戻る